想い

私がサッカーを始めたのが小学校2年生。

 

息子も2年生でサッカーチームに入りました。

当時そのチームで一番背が低く、足が遅かった息子、練習試合でさえ出場するのは残り5分、、、

負けてる試合で。

 

しかもその出場時間さえ、ミスして怒鳴られて味方からは馬鹿にされる始末。

「サッカーを楽しんで好きになって欲しい」

父の願いは叶いそうにありません。

 

そんな時フットサル場が開催する「親子フットサル」にお出会いました。

早速参加すると、誰からも怒鳴られず、誰からも馬鹿にされず、ただただフットサルを親子で楽しむことが出来感動しました。

 

それからは親子フットサルと聞けばどこにでも参加しました、息子はどんどん夢中になりました。

 

私も夢中になりました。

 

このとき

 

まずサッカーて楽しむものじゃね??

 

当たり前のことに気が付いてしまいました。

 

息子は元いたチームから別のチームに移り、ますますサッカーが好きになりました。

 

以前の私たちと同じように、勝利至上主義と人間教育を掲げるサッカーチームや部活で「楽しむ」を奪われ苦しんでいる子供たちや保護者を沢山見るようになりました。

 

そんな子や保護者がまずサッカーを楽しむ事ができる場所を作りたい。

 

ルールとマナーを守れば誰でも参加できる、サッカーサークル。

 

このコンセプトのもとゆる~く活動していきます。